スペイン旅行記6(ヘレスその2)

ヘレスではここに泊まりました。従業員はマンチーニ似でした。
私のスペイン語力が貧弱なのでものすごくイラついてました。イラつき方もマンチーニでした。
スペインの店員はイライラしてるのを平気で表に出します。

朝ごはんのボカディージャ。スペイン風サンドイッチ。
中に入ってるのはトルティージャ。卵とジャガイモ、プラスちょっと肉。しっかり味がついてて美味しいです。

こちらは別の日に食べた生ハムのボカディージャ。こんなのでも2ユーロ(約200円)ほどと激安です。

飲み物はオレンジジュースにしました。絞りたてなので濃厚です。

ジュースはこの機械で作ります。左上のところからオレンジが入ってスパッと2等分され、
下側に押し付けられてジュースが出てきます。

昼ごはんをここで食べました。

英語でもメニューが書いてありましたがよく分かりませんでした。食材や調理法の単語って
ふだん余り目にしないので分からないですね。

付け合せで出てきた人参のマリネ。クミンとニンニクとオリーブオイルと酢。
スペインの付け合せは質、量ともに素晴らしいです。

エンサラディージャ。ツナポテトサラダですね。

タラのグリーンソース。

こちらは別の日の昼ごはん。コゴジョとアンチョビの鉄板焼き。
コゴジョはミニレタスらしいですが、どちらかというと白菜に近いです。
アンチョビがこれだけ入っていても塩辛すぎず美味しかったです。

牛テールのクロケッタ。要はコロッケですね。

ハモン・イベリコ。これで8ユーロ(約800円)。しっかり味なのにカサカサしてなくて全然フレッシュ。
日本ではなかなか食べられないのではないでしょうか。
 

謎の豆。後でメルカドで見かけたものはalramucesと書いてありました。
口の中で噛んで中身だけ食べて、皮は出します。塩が効いていておつまみにピッタリです。
日本で言うそら豆のような位置づけでしょうか。一粒食べただけでお腹が一杯になるということは
ありませんでした。

せっかくのヘレスなのでシェリー酒。今度はオロロソにしてみました。
透明なものよりもこちらの方が濃厚でしっかり味です。大雑把な区分けですが、バーボンに近いです。

お昼ごはんにはしゃぎすぎたので、晩ごはんはパスタであっさりと済ませました。あさりだけに。
パスタは本場でないからかお店の質が悪いのか、ひどい茹で上がりでした。


地球の歩き方によれば、スペインの人はお昼をしっかり食べて夜はあっさりなのだとか。
図らずもそんな1日でした。


続きます