スペイン旅行記11(グラナダその1)

グラナダに来ました。

ここです。マラガよりちょっと内陸です。


いかにも観光地らしい賑やかなところです。日本人もよく見かけました。

ここもアラブ系の人が多いらしく、衣類や工芸品、水パイプなどのお土産品も置いてました。

アラビア文字で名前を書いてくれるサービス。どれを見てもアルハブシにしか見えません。

如何わしい雰囲気のお店でランチ。

ビールだけ頼んだつもりがこんなのが出てきました。

更にこんなのも。すわぼったくられたか、と思いきや2人で9ユーロ(約900円)で済みました。
このあたりのお昼はお任せセット、みたいなのが多いらしく、それが出てきたようです。
安いとは言え1人あたりパン2つは多過ぎです、先生。

スーパーに来ました。サーモンだッ!

トマトだッ!

ハモンだッ!

チョリソーだッ!



セグウェイだッ!(2回目)

セグウェイはさておき、晩はお洒落なお店でビール。

グラナダはビールを頼むとタパスが一品着いてくるという謎ルールがあります。
これは最初のビールと一緒に出てきた豆。ベーコンの出汁が豆に染みてて美味しかったです。

こっちは2杯目のビールと一緒に出てきたアルボンディガス。やはり肉の味がしっかり。

こちらは別に頼んだエビのカクテルサラダ。スペインはマヨネーズもよく使いますね。


お昼が多かったので晩は少なめ。ちょっと予定外でしたがそれもまた良し。


続きます