スペイン旅行記13(グラナダその3)


今日はアルハンブラ宮殿に行きます。当日チケットのために暗いうちから並びます。
時刻はまだ6時半。サマータイムを考えると5時半相当です。

さて入場。時刻は8時半くらい。

アルハンブラ宮殿の見所は広い庭園と宮殿です。

高いところにあるので見晴らしが良いです。

お花も綺麗に撮れました。

建物に施されたイスラム系の細かい細工が特徴です。

近寄るとエラいことになってます。

こんなのが延々続きます。

天気が良かった分、一段と綺麗でした。

アルハンブラ宮殿を十分に堪能した後、バスで街に戻ってきました。お待ちかねのランチです。

今日はサングリアにしてみました。

鰯のオリーブオイル漬け。やっぱりうまい。これなら日本でも作れそうな気がします。
塩は結構強めです。

キノコ。

サルピコン。角切り野菜とエビのマリネです。これも作れるかな。

青唐辛子の素揚げ。ししとうよりも少し大きいです。やっぱりたまに当たりが出ます。
かなり荒い塩がかかっていて味のアクセントになってました。使えそうなテクニックです。

鶏肉の唐辛子油煮込み。地鶏の若鶏といった固さと味でした。日本だと高く付きそうです。

参考までにメニュー。1皿3.5ユーロ(約350円)前後と大変お安いです。

やっぱりスペインは外食の値段が安いです。ビールも日本円にして150円~200円なので、
少々外食しても懐が全然痛みません。フードの量も日本人からすれば多いので全体でも安く付きます。
ほんと酒飲みにはたまりません。

かーちゃん、俺、スペイン人のとこに嫁ぐよ。


続きます