スペイン旅行記14(グラナダその4)

夜はこちらのお店。どんなお店なのでしょう。では、入ってみましょう(吉田類の酒場放浪記風)。

お店の中に大きな樽があります。樽の中はワインです。

1杯目のお酒についてきたタパス。ムール貝です。

バカラオのピルピルをオーダーしました。タラの油煮だそうです。

またハモンを頼んでしまいました。

こちらは2杯目についてきたバゲット。豚のハモンだと思ってたのですが、鴨だったのかも。

何やら他のお客さんが頼んでいたのが美味しそうだったので真似してオーダー。
さっきの大きな樽に入ったワインを使ったオリジナルカクテル。たぶんここのお店の名物です。
ジンと甘いリキュール。何と言う飲み物か知りたかったのですがレシピを聞かれたと
取られたらしく、しきりにsecreto(秘密)と言われました。


店内の写真をもう1枚。こういうところでも結構子供を連れた家族連れが多いです。
スペインのバルはファミレスと居酒屋を兼ねた存在のようです。

最後にグラナダの夜の街の写真を何枚か。

こちらはイスラムな感じ。

こんな時間でもまだまだ賑やかです。

前々回も書きましたが、グラナダではお酒を頼むとタパスが1品付いてきます。
ちょっとタパス残ったしビール1杯頼むかなー、なんてことやってるとまたタパスが
ついてきて帰れなくなってしまいます。くれぐれもご注意を。


続きます