スペイン旅行記2(マドリード)

仁川からマドリードまで14時間のロングフライト。
機内食が何度か出て、外も真っ暗で時間感覚が失われる中、
結局日本時間の6時にきっちり起きてしまう悲しさ。正確すぎる体内時計が憎い。

マドリード到着は現地時間の6時。サマータイムなので実質5時。外はまだ暗い。

頑張って駅への行き方をスペイン語で聞いたのに英語で答えられるアクシデントに
見舞われながらもアトーチャ駅行きのバスに乗る(写真は到着後)。運転は非常に荒い。


途中、えらく立派な像のある建物を写真に撮ったら農林水産省だったらしい。どんだけ。


アトーチャ駅に到着。とにかく巨大。

中も巨大。

観葉植物も巨大。

朝ごはんはここで食べることにしました。

コーヒー、カフェオレ、チュロス、クロワッサン。思ったより大量に出てきました。
こんなグラスだけどコーヒーもカフェオレもホット。
内訳は全く不明だけど4ユーロ(約400円)という激安。

夜に来るとハモンが食べられそうです。

ここからは電車に乗って一路南を目指します。スペイン語での切符購入に挑戦しましたが
結局最後は英語で会話しているのはお約束。

スペインを代表する高速鉄道AVEだぜー、早くてカッコイイぜー。

なんて思ってたら、ちょっとケチったせいか私が乗るのは奥にいるこっちでした。しょんぼり。


次回はコルドバです。