はまちのアラ炊き

はまちのアラを買ってきたのでアラ炊きにします。

内臓や血合いをよく洗い落とします。結構残っているので丁寧にやりましょう。
骨もたくさん残っているので気をつけて。この工程が一番手間ですね。
洗い終わったら塩を振ってちょっと置きます。

熱湯をかけます。

鍋に酒、醤油、砂糖、みりんを煮立てて

アラを投入。ギャー!

おとしぶた。ブー!

火が通って味が付いたらできあがり。

綺麗に盛り付けるのは難しいですね。見た目はアレですが、脂が乗っていて美味でした。

折角なので今日は日本酒。お猪口の柄は目玉の親父。

裏には水木先生の名言。「ゆっくりくらしなさい」

いろいろ世知辛い世の中ですが、気持ちだけでも余裕を持ってゆっくり暮らしたいものです。