いわしの煮付け

いわしが7尾で198円と激安だったので煮付けることにしました。

鍋に醤油、みりん、水を入れて煮立てて

ショウガを投入

頭と内臓を取り去ってよく洗ったいわしを並べます。ちょっとでも内臓や血合いが残ってると
苦くて嫌な味がするので念入りに洗っておきます。ついでに骨のところも指を差し込んで
身から少し取り外しておくと出来上がったときに食べやすいです。

おとしぶたをします。うちのおとしぶたは本当にブタです。一見可愛いですが、蓋を取るときは
鼻の穴に箸を突っ込まなくてはならないので残酷です。そしてなにより煮汁が沸騰してくると
鼻の穴から茶色い汁が泡を立てて出てきて悲惨なことになります。

火が通って煮汁がある程度煮詰まったら完成です。両面をバランスよく味付けしたいところ
ですが、ひっくり返すと皮がボロボロになって美しくないので、鍋を揺するか煮汁をスプーンで
かけかけするくらいに留めておきます。

そんなこんなで完成。盛り付けるときも皮や身が崩れないように注意です。
今回は横着して煮立てたショウガをそのまま入れましたが、別途針ショウガにしたものを
合わせた方が見た目にも良いですね。あとはカイワレなどの緑を入れるのも良いですね。

基本的には煮るだけなので簡単です。しかも脂が乗っていて非常に美味しくできました。
内臓のある魚とか、骨っぽい魚とかは調理が面倒だからと避けられるのか、結構安く売ってるのが
嬉しいですね。