麻婆茄子を作る

中華料理って、先に茹でとくとか、先に油通ししとくとか、そういうのがたくさんあって大変です。でもそれを全部中華鍋1つでやってしまうのですごいです。中華鍋1つあれば大概は何とかなるといったところでしょうか。持ち手があって大きくて硬いので、いざとなれば武器にもなりそうです。うまいことやれば衛星放送も受信できるそうです。これは本当です。

そういえばドラクエなんかのRPGでは剣などの武器で敵を倒しますが、MOTHERというゲームでは、主人公が普通の少年少女という設定で、剣のような武器が扱えないので、バットやフライパンで敵を攻撃します。それでも襲ってきた敵が「死ぬ」ということはなくて、「戦意を喪失する」ということになっていて、それって心が折れるくらい半殺しにされるということで、むしろ残酷のような気がしなくもありません。

今日はそんな便利な中華鍋・・・・・・ではなく、フライパン1つで麻婆茄子です。


まずはフライパンで茄子を素揚げします。ちょっと色づくくらいでしょうか。
 

素揚げした茄子はザルにあげておきます
 

フライパンにサラダ油、ニンニク、豆板醤を入れて熱して
 

ひき肉を炒めます。ちゃんと火が通ったら醤油と砂糖で味付けします。
ちゃんと火が通っているかどうかは、ぽろぽろになって油の色が澄んできたかどうかで判断します。
 

素揚げしておいた茄子を入れて混ぜ合わせ、味噌と中華スープの素を投入して再度混ぜ合わせます。
 

水溶き片栗粉でとろみをつけて出来上がり。
 

片栗粉でとろみを付けるのって、失敗するのが怖くて恐る恐るになりがちですが、ちゃんと沸騰するくらい火を入れないと、後から固くなって残念なことになります。

写真がブレるくらいにご飯がもりもり進む味です。


お鍋1つでできても、やっぱり面倒なのには変わりないですね。
調味料もいろんなタイミングで入れるので、事前にこうやって準備してます。
 



気が向いたら押していってください → ブログランキング・にほんブログ村へ