カリラ12年

我が家の酒棚より、カリラ12年です。
 

いわゆるアイラモルトに分類されるウイスキーで、大雑把に言ってしまうと病院系の味がします。
とはいえ、ラフロイグやアードベッグなんかの「ザ・病院」といった味とは異なり、カリラは「塩の味」と表現されます。といっても塩水のような味を想像するとちょっと違います。ウイスキー独特の香ばしさや癖が強くなく、病院臭もほどほどなので、塩っぽさが目立つのかもしれません。癖が強くないので、いろんな食べ物に合います。でも没個性ということではなく、他に同じような味のウイスキーが思い当たらない「カリラの味」です。なんというか、一見おとなしそうに見えて実は個性的なタイプ、といったところでしょうか。