ジャーマンポテトを作る

ちょっと厚めのベーコンを頂いたのでジャーマンポテトを作りました。
 


オリーブオイルでニンニクを炒め
 
ベーコンを投入します。
 
ジャーマンポテトを作るときのポイントの1つはベーコンから油を出すことだそうです。じゃあ油引かなくていいじゃん、って話になりそうなのですが、これは「誘い油」といって、油を入れておくことでベーコンから油が出やすくするんだそうです。

例えるならば、ミイラ取りがミイラになる、といったところでしょうか。オリーブオイルがミイラで、ベーコンから出る油がミイラ取り。気がつけば両方とも炒め油、みたいな。ノリノリで書いておいてなんですが、我ながら下手な例えです。っていうか、大体ミイラ取りってどんな商売だよって話です。ほんとエジプトって意味分かりません。

そんなこんなで油が出てきました。結構な量です。薄いベーコンではこうは行きません。厚いベーコンならではです。これだから厚いベーコンはやめられません。関係ないですけど、そろそろお歳暮のシーズンですね。ちなみに我が家の冷蔵庫にはまだ若干の余裕がございます。
 
後は茹でておいたジャガイモを切ったものを入れて炒め、お好みでコショウを入れてできあがり。塩気はベーコンから出てきますが、足りなければ足しましょう。


彩りにパセリを散らしてみました。


ベーコン風味の油が美味しそうです。カリカリになったニンニクがこれまたそそります。


そろそろお歳暮のシーズンですね。