パタタスブラバスっぽいのを作る

パタタスブラバスってご存知ですか?

スペインのバル料理で、日本語に訳すとじゃがいも(patatas)のブラバソース(bravas)という意味になります。ブラバソースというのはピリリと辛いトマトソースです。

今日はこのパタタスブラバス(っぽいの)を作ります。とはいえ、本気で作ると色々大変そうなので、家にあるものでそれっぽく作ってみることにします。また、今回は朝ごはんなので辛いのは抜きにします。結局のところ、トマトソースですね。

まずはさいの目切りにしたじゃがいもを素揚げします。じゃがいもを素揚げして料理に使うというのは、日本ではあまり一般的ではありませんが、スペイン料理だとトルティージャ(スペイン風オムレツ)なんかでも使われていたりと、よく使われるやり方です。
 
さて、ここからブラバソース(っぽいの)を作ります。まずはオリーブオイルでチューブニンニクを軽く熱して
 
トマトケチャップとクミンパウダーを入れて混ぜながら熱します
 
ここに赤ワインを投入。火を強めて煮飛ばします。正直、ちょっと入れすぎました。
 
煮詰めてドロドロになってきたらソースの出来上がり。
 
素揚げしたじゃがいもと絡めて頂きます。ちょっと写真が暗すぎて分かりにくいのですが、ソースはもうちょっと赤い感じです。

ワインを入れすぎたというのもあるのですが、旨みが少し足りませんでした。コンソメやバターを少し加えた方がもうちょっと味が纏まりそうです。

タパス―みんなでつまむスペインの喜び
おおつき ちひろ
文化出版局
売り上げランキング: 25,202

よかったら押していってください → ブログランキング・にほんブログ村へ