いきつけの居酒屋で日本酒

いきつけのお店で日本酒を飲みました。日によって置いている日本酒が違うのですが、この日置いてたのはこの3種類。


日本酒のラベルってカッコイイですね。海外のウィスキーやワインのラベルも良いですが、漢字や筆文字による独特のテイストは、世界中を探してもそうそうないのではないでしょうか。

話は戻りまして、私が飲んだのは左の正宗と右の不老泉。ちなみに真ん中の「あたごのまつ」は宮城のお酒ですね。

正宗のは島根のお酒だそうです。甘くてフルーティな味でした。

不老泉は山廃で大吟醸で生酒という、なんだかすごそうなお酒です。山廃というのは日本酒を造る工程で、蒸し米をすりつぶす工程を省略したもので、濃厚な味になると言われています。大吟醸はご存知の通り、よく磨かれた米を使ったもの、これも風味が出ます。そしてさらに生酒なのでこれまた強い味がしそうです。

・・・と、これだけ引っ張っといてナンですが、他の日本酒と全然違う!ということはありませんでした。正宗ほどではありませんが、こちらも甘くてフルーティでした。

分かる人が飲めば分かるのかもしれませんが、細かい違いが私にはまだまだ分かりません。日本酒って難しいです。


日本酒の教科書
日本酒の教科書
posted with amazlet at 13.01.31
木村 克己
新星出版社
売り上げランキング: 7,706

よかったら押していってください → ブログランキング・にほんブログ村へ