ニセ天津麺

皆さん天津麺ってご存知ですか?

簡単に言ってしまえば天津飯の麺バージョンですね。天津飯はご飯の上にかに玉と甘酢あんがかかったものですが、ご飯の変わりに麺を使ったものが天津麺です。私も学生の頃は王将でよく天津麺を食べたものです。

そんなわけで、ということはなく、完全に予定外だったのですが、今日はこの天津麺(っぽいの)です。


元はと言えば、チャーハンを食べようと思っていたのですよ。

チャーハンに限りませんが、料理で重要なのは下準備。ちゃんと前もって材料を切ったり、調味料を合わせたりしておくのが重要です。これを怠ると途中であれが無いとか言い出して、その間に鍋の具材に火が通り過ぎたりとかいうことになってしまう訳です。

そんなわけで段取りよく、冷蔵庫にあったネギの小口切りを引っ張り出し、卵を溶き、あわせ調味料として醤油とガラスープと花椒、それに今日は辛くしようと思って豆板醤を混ぜ合わせて、あとはご飯をチンしてとソーセージでも切ろうかと思っていたら


 ご 飯 が 無 い


そんなバカなと思いましたが


 何 度 見 返 し て も 無 い も の は 無 い


まぁ、そういうことってありますよね。ほんと下準備というか、材料の確認は重要です。

そんなわけで、準備してた具材はカニ玉風の卵焼きにして、インスタントラーメンの上に乗っけ頂きました。これがニセ天津麺の正体です。

味ですか?白飯に味付けする想定で準備した分量の調味料ですからね、


 エ ラ い 濃 か っ た で す よ


料理の段取りってホント重要です。くれぐれもお気をつけを。



よかったら押していってください → ブログランキング・にほんブログ村へ