バカラオのピルピル~(ちゃんとした料理の名前です)

バカラオのぴるぴる~♪

いや、ふざけてるわけでは全然なくて、ちゃんとした立派な料理の名前なんですって。本当だってば。
 
バカラオのぴるぴる。正しく書くと「bacalao al pil pil」。スペインの料理で、バカラオは鱈のことです。

普通は干し鱈で作るみたいですが、生の鱈で作ってみることにします。適当に切った鱈に塩を振っておきます。
 
鍋にオリーブオイル、ニンニク、赤唐辛子を入れて弱火で温めます
 
温まってくるとだんだん鍋がピルピル言い出します。それで付いた名前がバカラオのピルピル。いやふざけてるわけじゃないんですよ、辻調All Aboutもそう言ってるんだってば。
 
そんなピルピルした油に鱈を投入。弱火で煮ていきます。ここらへんはオイルサーディンを作ったときと一緒ですね。
 
時々ひっくり返して火を通します。オリーブオイルもドロっとしてきました。
 
最後に鍋を揺すってオイルを乳化させます。色が濁ってきてるのが分かりますでしょうか?
 
あとは盛り付けてできあがり。バカラオのピルピル~。
 
付け合せにジャガイモとほうれん草を準備しました。いつものようにソースはバゲットを付けていただきます。

ソースはもっとドロっとさせた方が良かったかもしれません。鱈の身が崩れそうだったので遠慮してたのですが、鱈だけ取り出しておいて、残った鍋をガンガン揺すった方が良かったかもしれません。

ちなみに本場のピルピルはこんな感じでした。あっちは干し鱈だった分、もっと味が濃厚で硬かったです。


棒鱈甘露煮 180g(ぼうたらかんろに)

価格: 600円
(2013/02/23 10:52時点 )

ショップチャンネル