ちょっと京都らしからぬ店構えのお店で本格中華ランチ

お昼ごはんを食べるところを探して四条界隈を歩いていたところ、何やら雰囲気のあるお店を発見。だい・・・なんとか・・・げっ・・・けん・・・?


一見高級そうな店構えですが、ランチメニューを見た限りでは手が出ないほどの値段ではなかったので思い切って入ってみることにしました。


注文したのはネギたっぷりチャーハンセット(1300円)。最初に出てきたのは肉まん。皮が茶色いのは醤油を練りこんであるからだそうです。
 
ホタテと瓜か何かのスープ。濃い味ではないけどしっかりした味。茶色いのはなめこです。
 
おそらく蒸し鶏。ちょっとピリ辛。こういうお店はやっぱりタレが美味しいです。
 
そしてメインのネギたっぷりチャーハン。ネギしか見えない・・・


本格的なチャーハンは米がパラパラしてるイメージがありますが、今日食べたものはそれほどパラパラはしてなく、どちらかというとふっくらしてました。ちなみに味は醤油系でした。


こちらは嫁さんが頼んだ揚げ魚。野菜で隠れてしまってますが、魚がカリッカリに上がってて美味しかったです。甘めのタレもまた合います。
 

写真は無いのですが、店内も古い作りですごく雰囲気がありました。かなり昔からある建物なのかもしれません。

ちなみにお店の名前の読み方は「だいでんげっけん」でした。2文字目は伝説の「伝」の字でしょうか。


ショップチャンネル