さようならフォトストリーム こんにちはdropbox(前編)

ブログを書いていると、iPhoneで取った写真をパソコンに取り込みたいということがよくあるわけですよ。


これをどうやってやるか。パソコンにUSBで接続して転送する?駄目、全然駄目、ダメ、ゼッタイ!遅い、遅すぎます、そんなことやってたら遅くてハエが止まります。

ハエが止まるは流石に言い過ぎですが、写真の転送ってとにかく面倒です。私もiPhoneの写真を毎日パソコンに移すような殊勝な人間ではありませんので、ブログ書こうかなー、なんて思ってからiPhoneをパソコンと接続して、「ポコン」とか音がしてから転送するファイルを選択して、なんてやってるうちに書こうと思ってたことを忘れてしまいかねません。

更に言うと、iPhoneにも写真を残したままにしておくので、「これはこの前転送したっけな?」みたいなことになったり、余計な写真が気になって思い出にふけりはじめて試験前の本棚整理状態になったりと、とにかく悪いことづくめです。もう駄目です。今すぐそのUSBケーブルは捨ててください。

え?充電のために必要?それなら仕方がありません。残しておいてください。


とにかく、USBで写真の転送をするのは面倒ということで、今まではiPhoneのiCloudのフォトストリームを使ってたわけですよ。

iCloudのフォトストリームというのは、要はiPhoneで撮った写真を撮ったそばからAppleのクラウドサービスにどんどんアップロードしてくれて、パソコンの方にツールを入れておけば、これまた自動でどんどんダウンロードしておいてくれるというものです。

ということは、iPhoneで写真を撮るだけで、何もしなくてもパソコンから写真を扱える状態になるというわけです。どうです?もうUSBケーブル要らないでしょ?え?充電で必要?それなら仕方ありません(2回目)


ちなみにフォトストリームの使い方ですが

■iPhone側
・設定→iCloud→フォトストリーム を「オン」にする

■パソコン側(Windowsの場合)
iCloud Control Panel をインストールする
・スタートメニューのiCloudコントロールパネルからApple IDを入力、フォトストリームを有効にする


ここまでの設定が終わるとマイコンピュータの中に「フォトストリーム」のフォルダが出来ています。

これであとは、iPhoneで撮った写真がもりもりこのフォルダに入っていくので、ここから取り出して煮るなり焼くなりうっへっへという寸法です。写真全部が転送されるので、「これ転送したっけな?」と迷うこともなくなりますし、何よりも楽チンです。これでUSBケーブ(略

ちなみにフォトストリームに入ってくる写真は、この設定をしたよりも後に撮った写真のみなのでご注意ください(昔に撮った写真は転送されません)。


もっと詳しい情報や手順を知りたいという方はこちらからどうぞ



ちょっと長くなってしまったのでこの続きはまた次回。

iPhone 5 スタートブック (SOFTBANK MOOK)

ソフトバンククリエイティブ (2012-10-06)
売り上げランキング: 6,007


よかったら押していってください → ブログランキング・にほんブログ村へ