会心の鶏チリ

カレーだと思った?残念、鶏のチリソースでした。


なんとなしに作ってみたのですが、あまりにも会心の出来だったので、忘れないように作り方を書き留めておくことにします。

基本の作り方はこちらのレシピを参考にしています。

まずは材料から

分量のめやす(2人分)

小松菜・・・・1束
鶏むね肉・・・150g
ケチャップ・・・大さじ1
豆板醤・・・小さじ1
玉ねぎ・・・1/2個
にんにく・・・1かけ
しょうが・・・にんにくと同量かちょっと多いくらい
薄い鶏がらスープ・・・400cc(スープの素を小さじ1)
塩・・・小さじ1/2
こしょう・・・少々
砂糖・・・小さじ1
酒・・・1/2カップ
水とき片栗粉・・・適量
お酢・・・大さじ1/2

続いて作り方

鶏むね肉は一口サイズに切る。片栗粉(分量外)をまぶして揉みこむようにする。湿っぽさがあれば片栗粉を追加して、限界までまぶす。いっぱいいっぱいになったらサラダ油を入れて混ぜておく。

この間に他の材料を準備しておきます。玉ねぎとにんにくとしょうがはみじん切りにします。

小松菜を適当に切って、さっと茹でます。茎入れて数秒したら葉っぱ入れて、一度混ぜたらすぐに火を止めてザルに上げる。茹ですぎるとぐずぐずで残念な感じになるのでご注意を。

下ごしらえしておいた鶏むね肉を揚げます。外が硬くなって、色が変わり始めたくらいが目安です。揚がった鶏むね肉は一旦置いておきます。

中華鍋(フライパン)を熱してサラダ油をひき、弱火でケチャップと豆板醤を熱します。十分に暖まって香りが出てきたら玉ねぎ、にんにく、しょうがを投入。中火で炒めます。玉ねぎが硬くなくなったら鶏がらスープを投入。塩、砂糖、酒を入れて沸騰させます。

揚げておいた鶏むね肉を戻し入れ、強い目の火加減で煮立て、水とき片栗粉を入れてとろみを付けます。とろみを付けるときはちゃんと煮立たせるのがポイントです。とろみが決まったらお酢を入れて軽く混ぜ、火を止めたら出来上がり。


豆板醤の辛さだけでなく、しょうがの風味やお酢の酸味も効いていて、非常に食欲をそそる味です。元のレシピに比べて、玉ねぎを多くしてスープの量も増やしているので、チリソースをたっぷりと堪能できます。しっかりと下ごしらえした鶏むね肉の柔らかさもGoodです。

ちなみに今回はカレーっぽく盛り付けてみましたが、皿に小松菜を敷いて、その上にチリソースを盛り付けるのもよいですね。

●豆板醤 [トウバンジャン] 横浜中華街 聘珍樓 [へいちんろう]  調理料シリーズ
価格:
326円
(2013/05/26 13:36時点 )