珍しいスパゲッティを頂いたので気合を入れてボロネーゼを作る

何やら珍しいスパゲッティを(嫁さんが)頂いたので、ちょっと気合を入れてボロネーゼを作ってみました。



フライパンにオリーブオイルを引き、粗みじんしたニンニク、玉ねぎ、セロリをゆっくりと炒めます。炒めた野菜は煮込み鍋に放り込みます。
 
塩コショウで下味を付けたひき肉をフライパンで焼き炒め、それも煮込み鍋に入れます。ひき肉は強火であまり弄らずに焦がす感じが良いそうです。
 
赤ワインを入れて煮詰めます。
 
水、ビーフコンソメ、ローリエを入れて煮ます。適当にアクを取ったら缶詰のトマトを投入してじっくり煮て、塩味が足りなければ足して出来上がり。
 
これが頂き物のスパゲッティ。伝統製法だとか何とか。見た目は太いです。乾燥スパゲッティではあるんですが、よく見るパスタに比べるとちょっと湿り気のあるような印象もあります。
 
産地はイタリア。
 
煮詰めたソースとあわせるとこんな感じ。


肉を焦がす感じで焼き炒めたのがよく効いています。ところどころ固い感じの食感と、肉の旨み、野菜の旨み、ワインの旨みが合わさり、非常に美味しいソースになりました。

太くてちょっともっちりした食感のパスタも濃厚なソースにぴったり。我ながら上手くできたと思います。