中華鍋でアツアツ中華丼

冷蔵庫に白菜と人参があったので中華丼を作りました。


料理は下ごしらえが重要、ってことで

  • 豚肉の細切れに塩コショウして軽く炒めたもの
  • 人参を適当に切って茹でたもの
  • 白菜の適当切り
  • 白ねぎの輪切り
  • ショウガのみじん切り
  • 鶏ガラスープに醤油とオイスターソースを混ぜたもの
  • 水溶き片栗粉
  • ラー油
を準備。工程の半分以上は下ごしらえですね。ここまで来たらあとはちゃちゃっとやってしまいましょう。


油返しをした中華鍋に油を多目に引いて人参を投入、油が回って温度が上がってきた感が出てきたら白菜投入、こちらも馴染ませて暖まってきたら塩コショウしてショウガ投入。

軽く炒めたら醤油&オイスターソース入りのガラスープを入れて煮立たせます。スープの量が全然少なかったので水を足しました。今の状態はこんな感じ。 

スープが沸騰している状態で水溶き片栗粉を少しずつ加え、十分にとろみが付いたら白ねぎ、酢、ラー油を入れて軽く混ぜて出来上がり。器に盛ったごはんにかけていただきます。


炒め油と片栗粉のとろみとショウガのおかげでアツアツのぽかぽかでした。まさかこの寒い日に扇風機のお世話になるとは思いませんでした。味の方はなんだか外食で食べる中華丼のような味がしました。お酢の効果?

そういえば滋賀県の近江の名物のちゃんぽんはお酢を入れて食べるのが特徴なんだとか。汁ものに酸味を加えるイメージってあまりないのですが、意外と合うのかもしれません。